東京都ヤシの木販売・施工エリア|長田園芸

東京都の気候的特色

ヤシの木の販売・植栽エリアとして気候・環境的に向いている地域となります。東京都は都内ほぼ全域が太平洋側気候に属しています(小笠原諸島は南日本気候)。太平洋側気候の特徴は、四季の変化がはっきりとしていて、春は天気は周期変化で 晴れる日が多いが、発達した低気圧が通過して天気が崩れることもあり、寒冷渦の影響で雷雨になる時もあります。夏季は温暖・湿潤、冬季は晴れる日が多くまた雨量が少ないため乾燥する日が続きます。雷雨も発生しやすいです。梅雨季は梅雨前線に覆われ雨の降りやすい天気が続き、前半は弱い雨が中心だが、後半は強い雨が降りやすいです。まれに空梅雨の年もあります。秋は秋雨前線の影響で雨が降りやすく、また台風の影響を多く受ける季節でもあります。ただし年によってはオホーツク海高気圧の影響で曇りや雨のぐずついた天気になる場合もあります。
後半は天気は周期変化となり、晴れる日が多いです。冬は、西高東低の冬型の気圧配置になりやすく、晴れて空気が乾燥する日が多いです。2月から3月にかけては南岸低気圧が通過しやすくなり、都心では数cm程度の積雪となることが多いですが 多摩地方では20cm以上の積雪となることもあります。

 

【 東京都 施工対応 区市町村 】

千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区/北区/荒川区/板橋区/練馬区/足立区/葛飾区/江戸川区/昭島市/あきる野市/稲城市/青梅市/清瀬市/国立市/小金井市/国分寺市/小平市/狛江市/立川市/多摩市/調布市/西東京市/八王子市/羽村市/東久留米市/東村山市/東大和市/日野市/府中市/福生市/町田市/三鷹市/武蔵野市/武蔵村山市/奥多摩町/日の出町/瑞穂町/檜原村

 

東京都区部 :気象庁露場のある大手町付近の観測によると、日本全国で最もヒートアイランドの影響が大きい。1920年代には、年間70日程度観測されていた冬日は少なくなり、熱帯夜の日数は3倍以上に増加している。また、冬場は南九州の鹿児島市や宮崎市よりも最低気温が高くなることもある。那覇市を除いた全国の都道府県庁所在地の中では、横浜市、千葉市、神戸市、大阪市などと並び最低気温が最も高くなることも珍しくない。しかし、夏場の最高気温自体はそれほど高くもない。一方、内陸寄りにある練馬区のアメダス観測地域では冬日は珍しくなく、新宿区や渋谷区などの都心部でも冬日の観測はよく見られる。また、気象観測所のある千代田区内においても大手町付近と気象庁露場の移転が予定されている北の丸公園とでは冬場の最低気温に違いが見られ、2012年1月の平均最低気温は大手町1.8℃に対し北の丸公園は0.4℃であり、冬日の日数では大手町3日に対し北の丸公園は11日である。これは、1月の気温に関しては練馬(平均最低気温−0.3℃、冬日17日)よりの気温である。これらの要因から、同じ都区内でも練馬区など内陸よりの郊外と中央区や千代田区などの臨海部との気温差が大きいことが分かる。さらに、江戸川区の沿岸部にも江戸川臨海という名でアメダスが設置されており、そこも大手町よりも冬の最低気温が低くなることが多く、冬の大手町のヒートアイランド現象が極めて著しいことを表しているが、東京都区部の天気予報で表示される気温はあくまで大手町の露場の気温が基準となっている。
多摩地方 :内陸性気候のため、冬場の最低気温で東京都区部とは非常に大きな違いがある。府中の1月の平均最低気温は−0.8℃、青梅で−2.3℃、八王子で−2.0℃、奥多摩では−3.0℃と氷点下まで下がり、都心部との気温差が5度以上になることも珍しくない。また、冬には南岸低気圧によって、大雪をもたらすこともあり、20センチ以上の積雪となることも多い。都心部が霙や雨でも気温が低い多摩地方では雪になることが多い。特に奥多摩町や檜原村、青梅市山間部などの多摩西部では11月頃から雪が降ることもある。
伊豆諸島 :海洋性気候で、年間を通じて寒暖の差は小さい。真冬の平均気温は7℃ – 10℃前後と温暖な気候であるが、最も北に位置する伊豆大島では積雪することもあり、東京都心部より冷え込むことも珍しくない。より南にある八丈島や三宅島はより温暖である。
小笠原諸島 :日本の気候区分では南日本気候に属し、年間を通じて温暖である。南鳥島はケッペンの気候区分ではサバナ気候 (AW) に属し、年間平均気温が25.4度と日本で最も高い地域である。また、日本国内では北海道と共に梅雨が無い地域である。